交通事故被害にあったときに覚えておきたいたった1つのこと

交通事故があったことを警察・保険会社に報告して、加害者側の連絡先も確認して
一段落した時に思い出していただきたいことがあります。

それは、弁護士に相談したほうがいいとうことです。

とはいえ、これだけでは「納得できない」「お金がかかるのでは?」と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで、「何故、弁護士に相談した方が良いのか」その理由を3つご紹介します。

 

1.交通事故にあうとしなければいけないことがたくさんある

過失割合の交渉・後遺障害の認定・相手方の保険会社との示談など、
交通事故にあうと様々な課題が降りかかってきます。
特に、過失割合が【0:10】になるとあなたの保険会社からは支払いが発生しないため、
示談の交渉は「あなた(個人)」と「相手方の保険会社」ですることになり大きな負担となります。
また、示談が一度成立してしまうと取り消しができず、適正でない金額の示談金になってしまうかもしれません。そうなる前に『弁護士に相談する』ことで、負担を軽減したり、示談金が不適正な金額になることを回避することができます。

2.弁護士費用特約が利用できる

弁護士費用特約とは
「交通事故にかかる弁護士費用を自動車保険会社が負担してくれる」特約のことです。
(詳しくは【交通事故で、弁護士費用が実質0円になるケース】でご紹介しています。)
見落としやすいのは、保険加入者ではなくその家族が交通事故にあった場合や歩行者と自動車の事故の場合でも適用させるということです。ただし、保険会社によっていくつかの違いはありますので
保険会社との契約内容を再確認することをおすすめします。

3.賠償金(示談金)を増額できる

弁護士に依頼することで、基本的に賠償金(示談金)を増額することができます。
なぜなら、保険会社が提示する賠償金の基準と弁護士が提示する賠償金の基準が違うためです。
弁護士が提示する基準は今までの判例をもとに算出するため、裁判になった場合に提示された金額と同等の賠償金額になることを保険会社も分かっているので弁護士が提示した賠償金額で示談を成立させることができるのです。


 

いかがでしたでしょうか。たとえ、弁護士費用特約に加入していなくても当事務所では

  • 初回相談料無料
  • 着手金は0円

となっておりますので、少しでも交通事故のことで不安を抱えているのなら
当事務所までお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー