事故の相手の対応に納得できない方へ

交通事故の被害に遭ってしまったら、その後、加害者の保険会社や加害者本人と示談交渉を進める必要があります。

しかし、加害者の保険会社から連絡が無いケースもありますし、加害者に無視されたり、威圧的な態度を取られたりすることもあります。

今回は、交通事故の相手方の対応に納得できない方のために、適切な対応方法について、虎ノ門法律経済事務所の弁護士が解説します。

 

1.加害者や保険会社から連絡が無いケース

交通事故で示談交渉を進めるとき、加害者や加害者の保険会社から「連絡が無い」ことにストレスを感じる被害者の方がたくさんおられます。

この場合、まずは、自分から連絡を入れてみることをお勧めします。

特に、相手が保険会社の場合、待っていても連絡が来ないことがありますが、被害者が連絡を入れたときに無視することは、通常ありません。相手も仕事で示談交渉をしているからです。

ただ、稀にこちらから連絡をしても、やはり連絡が取れないということもあります。そのような場合には、弁護士に示談交渉を任せてしまう方法をお勧めします。

弁護士が対応したら、さすがに相手も無視することはできません。

 

2.相手と連絡が取れない、無視されるケース

特に加害者が任意保険に加入していない場合に多いのですが、加害者と連絡が取れない、無視されるケースがあります。

特に、物損事故の場合には、加害者に刑事罰が適用されないことなどから、加害者が軽く考えて、被害者からの連絡を無視することが多いです。

このような場合には、被害者の方から積極的に請求手続きを進めるべきです。

まずは、内容証明郵便によって相手に請求書を送り、それでも無視されるようであれば、少額訴訟などを起こして法的な対応をしましょう。自分では対処仕切れない場合、弁護士までご相談下さい。

 

3.相手が威圧的なケース

相手が加害者本人であっても加害者の保険会社であっても、相手が威圧的なために被害者が大きなストレスを感じることがあります。

このような場合にも、示談交渉を弁護士に依頼されることをお勧めします。

弁護士が示談交渉を代行する場合、相手からの連絡はすべて弁護士が受けるので、被害者が直接相手と対峙する必要がありません。

返答をするときにも弁護士と相談してから対応を決めることができるので、自分の判断に自信がないときにも安心ですし、不利にならないよう、常に最善の判断をすることができます。

虎ノ門法律経済事務所では、交通事故被害者様の代理として、加害者や加害者の保険会社との示談交渉や訴訟等、あらゆる手続きに対応しております。

相手方の対応に納得できない方、不満のある方、自分で対応するとストレスが大きすぎると感じておられる方は、是非とも1度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー