交通事故は裁判以外にも解決方法があります

交通事故に遭って加害者の保険会社と示談交渉を進めても、合意ができず、決裂してしまうことがあります。

そのとき「裁判」をしなければならないのかと思われる被害者の方が多いのですが、裁判以外にも解決方法はあるものです。

以下では、交通事故で賠償問題を解決する方法について、虎ノ門法律経済事務所の弁護士が解説します。

 

1.示談とは

交通事故の賠償問題を解決する方法としてもっともオーソドックスな方法は、示談交渉です。示談交渉とは、不法行為の加害者と被害者が、損害賠償金の金額と支払い方法について話合い、和解することです。

交通事故の多くのケースでは、被害者と加害者の保険会社が示談交渉をして賠償問題を解決し、保険会社からの支払いを受けています。

 

2.調停とは

示談が決裂したとき、裁判所で「調停」を利用することができます。調停とは、裁判所の調停委員が間に入って話合いを仲介してくれる手続きです。

調停委員が介在するので、被害者は、相手の保険会社の担当者と直接話をする必要がありません。また、調停委員会から和解案を提案してくれるので、被害者に法的な知識が不足していても、相手との知識の差を埋めやすいです。

ただし、話合いの手続きなので、双方が納得しないと調停で解決することはできません。

 

3.ADRとは

交通事故の賠償問題解決方法としては、ADRも有用です。ADRとは、裁判外の紛争解決機関のことです。

交通事故紛争処理センターや、日弁連交通事故相談センターのADRが特に有名で、利用者数も多いです。

こうしたADRでは、交通事故に詳しい弁護士による相談を受けられたり、和解のあっせんをしてもらったり、争い内容について審査決定をしてもらえたりするサービスがあります。

センターの弁護士が関与するので、被害者に法的な知識がなくても、利用しやすいです。ただ、センターの弁護士は、公正中立な立場で対応しますので、「被害者の味方」というわけではありません。被害者の味方となってくれる弁護士をつけたい場合には、ご自身で弁護士に相談をして、示談交渉やADRを依頼する必要があります。

 

4.訴訟について

上記のような方法では解決ができない場合、訴訟が必要です。

訴訟になると、裁判所が強制的に解決方法を決定してくれるので、相手が合意しなくても、終局的に解決することができます。

ただ、非常に専門的で重厚な手続なので、弁護士によるサポートがないと、極めて不利になります。

どの解決方法が適切であるかについては、事案に応じた判断が必要です。弁護士へ相談することにより、最適な手続を選択し、スムーズに賠償請求を進めることが可能となります。示談交渉がスムーズに進まず悩んでおられるなら、弁護士がお力になりますので、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー